のらにゃん

b0186982_16375366.jpg


毎朝黙って扉が開くのを待っている。 
戸を開けると 私を見上げて 『にゃ・・』 と小さな声で鳴く  『待ってたよ』 って
私がご飯をくれる人だって分かってるくせに 最初ほどじゃないけど未だに甘えていいのかどうか
分からないような遠慮がちな態度でおそるおそる寄ってくる

こんな風に毎朝のように来るネコもある日ふっと来なくなる
もっと美味しいご飯をくれる優しいお家を見つけたのかな なんて夢物語みたいな事は思わない
飼い猫はうまくいけば15~20年生きることもあるそうだけど(ちなみにウチの家猫は10歳)
のら猫の平均寿命は3年と聞く でも 実際こうやって見てきて3年も続けてみることはない
ほとんどが1年以内にいなくなってしまう 長くても2年かな・・・

のら猫に餌を与えるのは悪いことかもしれない
でも過酷な毎日を送っているこのコたちが 時には安心してお腹を満たす事の出来る平穏な朝が
あってもいいんじゃないかと思うんだ



にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ






[PR]
by milk_nikoniko | 2010-07-10 16:59 | 猫・犬
<< 光のみちしるべ 風車のある夕景 >>